script>

採用代行ナビTOP > コラム > 若手のキャリアをどう磨くか?

コラム

若手のキャリアをどう磨くか?


皆さん、こんにちは。
前々回より、自分のキャリアの磨き方についてお話してきました。
今回は、若手社員のキャリアに焦点を絞ってお話ししようと思います。

 

今の20歳代の若い人たちは本当に大変です。
社会人としての成熟度が決して高くないにも関わらず、一方企業からは即戦力などと過大な期待をされているためです。
私たちが新入社員であった時代は、叱られたり厳しいことを言われたりすることは多々ありましたが、5年もすると熟成して後輩を指導できるまでになったものでした。

 

しかし、残念ながら、熟成期間ともいうべきこの数年間仕事は正社員の仕事ではなくなってしまいました。
当時若手が担当していた仕事は、今やパートさんや派遣スタッフの方々のものにシフトしているのです。
これは、変動相場制での賃金グローバル化というシステム内で起きた変化ですので、企業努力で変えられる問題ではないでしょう。

 

それでは、こういった時代において、今の若者たちに対してはどのようなアドバイスをすべきなのでしょうか。
彼らにとって、最初の数年が大変なのは前述したとおりです。
しかし、30年以上の長いキャリア人生を冷静に考えると、過ごし方や環境の選択によっては圧倒的に私たちの世代よりも優位になるのではないかな、と私は考えています。
彼らが40歳代を迎えるころには、その差が明らかになってくるでしょう。

 

どのような環境でどんな仕事を経験すれば、優位なキャリアを送ることができるか。
それは、一言でいえば『挫折経験』です。
会社は大きくても小さくても良いと思いますが、配属先に厳しい育成文化があり、そういう先輩や上司が揃っている環境であることが重要です。

日本を取り巻く現状を冷静に受け止めれば、キャリア前半の30数年間はどう考えても安全運転で逃げきれません。
そして、40歳以降のキャリア後半戦は、そこまでの経験で学んだものだけが頼りになります。
「XX株式会社の部長」といった肩書は、何の付加価値にもなりません。

 

年齢や資格、単なる社歴は意味をなさなくなります。
1人ひとりの市場価値が明確に確立されてきて、その人がその時点で持っている能力で付加価値が決まる時代が来るのです。
貴重な20歳代に大企業でノンビリ研修を受けていたり、数年毎のローテーションで基礎経験を積むだけでは危険なのは言うまでもありません。
一番失敗しても失うものが少ないこの時期に、能力を遥かに超える仕事を経験し、たくさんの失敗をして、そこからいろんな学びをすべきだと思います。
これらが後々大きな栄養素となるわけです。

安定した職場で大きな目的を持たず10年も過ごすと、その会社の常識とスピードに飼いならされ、市場価値という発想がなくなることも危険です。

私は就職活動の学生に対しては、30歳くらいの目標を決めるようにアドバイスしています。
ここでの目標とは、分かりやすく言えば年収やそれを達成するための基本能力の獲得に関するものです。
高い目標の前に何度も挫折を経験し、学びを重ねた先に、高い市場価値が拓けるのです。

2013.02.13 樋口弘和

 

 このページのTOPへ