採用代行ナビTOP > コラム > 「第一印象」で人を見抜けるか?

コラム

「第一印象」で人を見抜けるか?


みなさん、こんにちは。
今回のテーマは、採用面接における「第一印象」についてです。

「人事は好き嫌いで」という高名な社長さんもいらっしゃいますが、実際のところ短時間で人を見ぬことはできるのでしょうか。
結論から言うと私は「“見れる人”が“心の準備”をして臨めば、5分で大体を見抜ける」と考えています。
このことについて、“見れる人”“心の準備”という2つの観点から解説していきますね。

人を評価するということは、本当に難しいことです。
例えば仮に、入社1年後の評価を基準に採用するならば、一番確実なのは「まず一緒に働いてみましょう、続けるかどうかは1年後に決めましょう」という方法ですね。
法律が許し、かつ自社に採用力があれば、これが間違いなく一番でしょう。
しかし、実際には無理な話です。
そうなると、やはり採用面接や試験を通して、過去に発揮された成果や言動からその人の能力や人間性をあぶりだし、入社後の再現性を予測するしかないというのが一般的な考えでしょう。
所謂コンピテンシー面接と言われるものですね。

私が言う「5分で見抜く」方法は、これとは異なります。
実は5分で見抜くとは、「直観が働く」という表現に近い行為です。
“見れる人”は、第一印象と少しのコミュニケーションから、どの応募者がいいのか、あるいはダメなのかを見抜きます。
ここでの“見れる人”とは、多様で多くの人との関わりを持ち、見抜く上で必要な能力を高いレベルで保持している人のことです。
このような人は、一定レベルのビジネス経験を積み、その上で能力の高い人に共通する行動や表情、言葉の使い方の共通点を感覚的に理解しています。
具体的にいえば、「本当に苦手な部下や顧客と誠実に向かい合ってきた経験のある人は、こういうものの言い方をし、こういう表情をする」といったことです。
逆に、「こういう仕草をする人には不誠実な人が多い」といったネガティブな引き出しも持っています。

ただしこれは経験に基づいており、マニュアル化が難しいことから、選考の判断理由を説明したり、共有したりすることが難しいという欠点もあります。
直観とは、頭脳が高速回転し、豊富な経験を基準に判断し結論をだすもので、本当はとても論理的な行為なのだそうです。
高速回転が一人の頭の中で完結するために、他者への共有が難しかったり、論理的に見えなかったりするのでしょう。

ということで、5分で人を見抜ける“見れる人”になるためには、まずは自己研鑽をして能力を磨くしかないわけですね。
特に、多様で多数の対人コミュニケーション経験を山ほど積まなければ、この領域には達しないのだと思います。
ちなみに、男性も女性も、40歳になれば顔と体型と服装に大凡の人生観と人間性と能力面が現れる、というのが私の持論です。

また、短時間で見抜く上では“心の準備”も非常に重要です。
これはとてもシンプルで、「心穏やかな状態で」接するということです。
冷静な判断をする際の要領ですね。
気持ちが高ぶっていると、相手の話が聞けず、思いこみに負けてしまいます。
好みの人に必要以上に高い評価をしてしまうのも、このような時です。
疲れていたり、ネガティブな気持ちでいる時は、自分の嫌いなタイプに会うと評価を決めつけ、それが適切か否かを検証するという余力を持てません。

2013.08.22 樋口弘和

 

 このページのTOPへ