script>

採用代行ナビTOP > 採用代行基礎知識 > 採用代行サービスの活用メリット

採用代行基礎知識

採用代行サービスの活用メリット

戦略パートナーとしての活用

求める人材を、いかにコストパフォーマンスを高く採用していくか、その戦略作りのパートナー役という位置づけです。特に新卒採用を初めて行う中小企業、業績回復を受けて数年ぶりに採用活動を再開する企業、試行錯誤をしているがなかなか求める人材を質・量ともに達成できない企業などでこのニーズが旺盛です。

単なる業務代行ではなく、経験・知識を備えた「提案型のパートナー」を置くことで企業は質・量ともに採用目標達成への可能性を高められ、ともに採用業務をすることでプロのノウハウを得ることができるのです。

 このページのTOPへ

業務品質の安定と向上

会社説明会の運営業務や応募者との日程調整などの事務業務においても、その対応が悪いとインターネット等を通じて、即座に応募者の間で共有されてしまう現在、こうした専門性がより求められるようになってきました。また、応募者増加、内定受諾率向上を図るうえでも欠かせないスキルとなっています。

また、採用業務は多くの個人情報を扱い、かつ大量の事務を正確に遂行する必要があります。
これらを安定して遂行できるノウハウも、企業が応募者から信頼を得るためには大変重要なファクターです。しかし、毎年の事業計画に左右されがちな採用部門でこうしたスキルを持つスタッフを安定的に確保することは難しく、かつ、新卒採用のように毎年繰り返される業務の場合、代行会杜から提供される業務品質の安定性も企業側にとっては大きなメリットとなります。

 このページのTOPへ

管理コストの減少

正社員以外が採用事務をするという点では、代行会社の利用以外に派遣社員や契約社員の利用も考えられますが、事務の管理責任まで任せられるか否かという点に大きな違いがあります。派遣社員や契約社員を利用する場合、指示命令系統はあくまでも自社内の担当者になり、管理業務(コスト)は残っているままとなります。

 一方、代行会社は、採用業務そのものから、その業務品質の管埋まで行います。これにより、企業側は毎年の業務量の変化や品質に頭を悩まされずに、採用戦略策定や選考に集中することができます。
また、長期に代行会社を利用すればするほど、代行会社が業務を通じて企業文化や企業の価値観を理解し、自社に即した運用になります。

 このページのTOPへ

採用コストの流動費化

事業計画の達成度により、大規模な新卒採用が必要になることもあれば、反面、経営状況や経営方針の転換などにより突然の採用活動中止もあり得ます。このような経営状況にフレキシブルに対応できる間接部門の体制作りは、事業リスクの軽減に寄与します。採用コストを極力流動費化することで、結果として、中期的な管理コストを含めた採用コストを低減させることを可能にします。

 このページのTOPへ

代行会社利用のデメリット

代行会社の利用には、メリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。ここでは(1)社内で行う場合、(2)代行会社(アウトソーサー)を使う場合、(3)派遣(契約)社員を使う場合の比較を整理してみます。皆さんの会社の課題が何で、どういうことを目的にしているのかを改めて検証してアウトソーシング方式の決定にお役立て下さい。

区分 直接コスト 管理コスト コスト
流動費化
品質レベル 品質の安定 ノウハウの
蓄積
社内 - × ×
アウトソーサー △/× ○/△
派遣(契約) × × ×

[注]符号の意味は次の通り。 ○:効果がある 、 △:ケースによる 、 ×:効果がない

 このページのTOPへ